愛を注ぐことと使命を生きることで、その世界は生命で満たされます。

愛とは、存在を認めることです。

 

(例えば、マザーテレサは『愛の反対は、無関心』と表現しました。)

 

使命とは、存在の意味を生きることです。

 

愛により、その対象は生命を吹き込まれます。

使命により、やはりその対象は生命を吹き込まれます。

 

愛も使命も、どちらも、“ある意識”がこの世界に現れたものです。

 

愛は、女性性を通してこの世界に現れたものです。

使命は、男性性を通してこの世界に現れたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━ +・・

 

だから、僕らは“愛”か“使命”とひとつに

なっているときに、

【 ある意識をこの世界に表現 】

していることになります。

 

________________ +・・

 

つまり、愛も使命も同じものの表現の違いということになります。

 

愛は、対象に向けられることで、その対象は存在することの意味を感じることができます。

 

使命は、自らを対象とすることで、自らが存在することの意味を感じることができます。

 

エゴには、つねに存在したいという欲求があります。

 

それこそが、エゴの根源的なたったひとつの欲求です。

 

エゴは、愛を受けることで存在することができます。

エゴは、使命を生きることで存在することができます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━ +・・

 

エゴは、愛/使命を受けることで

生命を吹き込まれるのです。

 

________________ +・・

 

もし、エゴが愛か使命を受けていないときには、それは死を意味することになります。

 

それが、恐れの根本原因となります。

 

その恐れは、ありとあらゆるものを引き起こす原因になるのです。

 

この原理は、ありとあらゆるものに応用が可能です。

 

ですので、あなたが女性性がベースの方であれば、世界に愛を注げば注ぐほど、その世界は生命で満たされます。

 

あなたが、男性性がベースの方であれば、世界を使命に生きれば生きるほど、その世界は生命で満たされます。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です